スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

豚インフルエンザ

豚インフルエンザとは、通常は豚の間だけで流行するH1N1型の弱毒性インフルエンザのこと。

まれに豚との濃厚な接触で豚から人に感染することもあるが、軽症になることがほとんどで、人から人に感染することはなかった。

しかし、4月23日、米国で豚インフルエンザに7人が感染したことが確認され、いずれも豚との接触はなく、人から人へと感染したことが分かった。

このウイルスは今までに発見されていないもので、豚インフルエンザ、鳥インフルエンザ、ヒトインフルエンザの混合型であることが判明した。

その後も世界各地に感染が拡大し、特にメキシコでは死者が100人以上に上る。

人から人への感染が拡大し、パンデミック(世界的大流行)が心配されている。


米国労働衛生研究所の定める基準をクリアした感染予防衛生マスク。メディコム N95マスク 2321


マスク・パンデミック対策に!送料無料!【モースガード(レギュラーサイズ)60枚お得セット】


パンデミック感染大爆発

スポンサーサイト

2009年04月27日 医療 トラックバック:- コメント:-

インフルエンザ 万能ワクチン

あらゆるインフルエンザのタイプに効果がある万能ワクチンを、厚生労働省の研修班が開発した。

これまでのワクチンは、ウイルスの外部にあるトゲ状のたんぱく質に合わせてワクチンを作っていた。

トゲ状のたんぱく質は変化しやすいため、毎年のようにワクチンを作り直す必要があった。

万能ワクチンは、変化しにくい内部のたんぱく質を攻撃するため、あらゆる型のインフルエンザに効果があるという。

研究班は、3種のウイルスをマウスに感染させたところ、ウイルスの増殖を抑えられたことを確認した。

研究班の内田哲也主任研究官は、「人間への安全性や適切な量を確認して、一刻も早い実用化を目指したい。」と話している。

2009年01月29日 医療 トラックバック:0 コメント:0

アシネトバクター菌に院内感染し4人が死亡(福岡市)

1月23日に福岡大学病院の救命救急センターに入院していた患者23人が、
アシネトバクター菌に院内感染し、肝炎で入院していた20代の女性1人と50代から60代の男性3人が死亡したことが分かった。

アシネトバクター菌は、土壌など自然に存在する他、トイレや流し台などにも普通に落ちている菌

通常、健康な人に感染することはないが、ほとんどの抗生物質が効かない細菌で、病気などで抵抗力の弱い人が感染すると死亡する場合もあるという。

2009年01月24日 医療 トラックバック:0 コメント:0

CS-8958

昨日、新型インフルエンザの新しい薬剤として、「CS-8958」が開発中であることが発表された。

現在の薬剤は、毎日飲み続ける必要があるが、「CS-8958」は1回投与するだけで1週間は効果が継続する。

「CS-8958」は、タミフル耐性のインフルエンザにも効果があることが非臨床試験で確認されており、リレンザが利かない4歳以下の子供にも効果が期待できるとのこと。

新型インフルエンザ発生の危険が迫るなか、一刻も早い新薬「CS-8958」の実用化が望まれる。

2009年01月23日 医療 トラックバック:0 コメント:0

MSBP

MSBP(代理ミュンヒハウゼン症候群)とは、注目や同情をしてもらいたいために、自分の子供を故意に傷つける虐待行為のことです。加害者は実母であることが多い。
病歴の説明が巧妙で説得力があるため、医療機関で不必要な治療をしてしまい問題となっている。

2008年12月29日 医療 トラックバック:0 コメント:0

| 注目のキーワード.comTOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。